瓶からこぼれている薬

免疫力を高めます

アルダラクリームは患部に塗り込むことによって局所的に免疫力を高める効果があります。免疫力が高まることによって尖圭コンジローマの原因であるウィルスの増殖を抑え、治療を行うことが出来るのです。

袋の上の薬

外科手術でも治療できます

尖圭コンジローマの治療を行う際、アルダラクリームを利用する事で非常に簡単に治す事が出来ますが、実は外科手術で治療することもできます。しかし痛みを伴ってしまう手術でもある為、まずはクリームを試してみましょう。

薬のイメージ

通販で買おう

アルダラクリームは日本で製造されている薬ではないので、病院で手に入れることができません。もしも購入する場合は個人輸入代行というサービスを利用した通販で購入するようにしましょう。

カプセルと錠剤

popular article
「アルダラクリームで尖圭コンジローマを治そう」の人気記事一覧です。
コップと薬

自覚症状がない場合も

入浴時に性器を洗っていると謎のイボが出来ていた、という経験に覚えはありませんか?
人によってはイボがいつの間にか消えていたという人もいると思いますし、そのまま残っていたり増えたり、という人もいると思います。
実はこのイボというのは尖圭コンジローマという性感染症の症状なのです。

尖圭コンジローマというのはヒトパピローマウイルスというウィルスが原因で発症する性感染症です。
感染後症状が現れるまで3か月ほど時間がかかり、その後症状が現れても特に痛みが出ることも無い為、感染に気が付きにくい病気とも言われています。
症状は性器の周辺に出来るイボで、放置することで徐々に範囲が広がっていき、鶏のとさかやブロッコリーのような非常にグロテスクなイボになっていく、見た目にも恐ろしい病気です。
また、尖圭コンジローマは人によっては感染しても症状が現れない場合もあります。
その理由として、コンジローマの症状は人の免疫力によって重症化するかどうかが変わってくるという点にあります。
なので、免疫力が高い人であれば感染しても症状が現れない為、知らない間に感染して知らない間に治っていた、という事もあるのです。

しかし、一度症状が現れてしまうと重症化してどんどん広範囲にイボが広がっていく可能性がありますし、極稀に尖圭コンジローマでできたイボが癌細胞に変異する事もある為、もしも症状が現れた際はアルダラクリームと呼ばれる治療用軟膏を使用し、早期治療を行うようにしましょう。