外科手術でも治療できます

袋の上の薬

尖圭コンジローマの治療を行う際、アルダラクリームを使用する事で非常に簡単に、そして確実に治療を行うことができます。
しかし、実はアルダラクリームを使用する以外にも外科手術による治療も可能なのです。

尖圭コンジローマの症状はイボが出来るという物なので、手術の方法も基本的に整形外科で行われるようなイボの治療方法と同じになります。
その為、患部に液体窒素などの超低温の液体などを吹き付けて除去する方法であったり、レーザーによる焼却、メスなどでの切除といった方法で治療を行うことになります。
外科手術のメリットとしては、患部を物理的に取り除くことにより、患部に潜伏しているヒトパピローマウイルスを確実に除去することができ、再発の可能性を下げることが出来るという点があります。
しかしデメリットとして、どの手術も大なり小なり痛みを伴う手術であるという点です。
更に、手術を行うという事は日帰り手術であったとしても様々な手続を行う必要があります。その過程で家族やパートナーといった、病気になったことを知られたくない人に感づかれてしまう可能性もあります。

なので、まずはアルダラクリームによる治療を試し、もしもそれが効かないという時には外科手術による治療を行うようにすることで体への負担を減らしつつ確実に治療を行うようにしましょう。